ビタミンC誘導体入りの化粧水で肌を元気に

ビタミンC誘導体配合の化粧水は、複数の肌悩みを抱えている人に適しています。


色素を還元して白い肌へと導く効果があるので、美白のために使うことが多いビタミンC誘導体の化粧水ですが、皮脂を調節する働きや収れん作用もあるので、にきびができやすい肌やキメが粗くなって毛穴が開いてしまった肌にも最適です。


この成分にはコラーゲンの生成を促す働きもあるので、弾力不足やハリのなさを感じた時にも適しています。もともと不安定だった成分を壊れにくい状態に変えて、化粧水に配合できるようにした成分がビタミンC誘導体です。

ビタミンCの化粧水サイトを見つけることができました。

さらに進化したAPPSは今までの種類よりも肌になじみやすく、浸透性に優れているので進化型と呼ばれています。
ビタミンC誘導を配合した化粧水を選ぶ時は、浸透性や濃度を確認しましょう。浸透力と濃度が高いほど肌に働きかける力が強くなるため、早く効果を実感したいという場合は浸透性が高い新型のAPPS、または成分を高濃度配合している物が向いています。



ただ、ビタミンCは刺激があるので、配合率が高い化粧水を塗ると肌がピリピリすることがあります。



敏感肌には刺激が強すぎることがあるので、使っていて肌に合わないと感じたら濃度が低い物に変えてみたり、肌の状態が回復してから使用しましょう。APPSは従来よりも刺激を抑えた成分なので、比較的使いやすくなっています。
しかし肌が乾燥していると刺激を強く感じてしまうため、保湿成分がたっぷり入っている物を選びましょう。